個性と色、柄の研究論文

「色や柄が個性に対してどのような影響を与えるか」に関する研究は国内外で行われ、以下、抽出した研究論文をご紹介します。

  • 要約
  • 赤色を好む学生は、比較的「積極性」や「社交性」などの気質を持つ者が多い傾向にあり、類似する色のピンクも「陽気」と認められている。赤色の暖色系を好む場合、より社会性が高いと個人を認識する者が好む傾向にある。
    また、黄緑色に関しては「注意深い」や「リーダーシップ」気質があり、集団をよく観察しながらも、まとめて一定の方向へ導くことができる者に好まれる傾向にある。
  • 要約
  • ピンクの特定の色合いは、怒りや激越の感情を持っている被験者にそれら感情の緩和効果をもたらす可能性があり、10〜15分で敵対的または激越した行動を緩和しした。
  • 要約
  • この研究の目的は、より暖かいまたはより冷たい色調の好みとパーソナリティのBig Five Modelとの間に統計的に有意な相関関係があるかどうかを判断し、特定のパーソナリティ特性がに基づいて仮定できるかどうかを調べた。データは、相関分析と回帰分析によって分析された。ここでは、予測変数は参加者の暖かい色または冷たい色に対する好みであり、基準変数は性格特性でした。
    結果は、暖かい色の変数の好みと外向性、協調性、良心性、開放性の次元との間に統計的に有意な相関を示しましたが、一方で、涼しい色の変数の好みと次元の協調性の間には統計的に有意な相関がありました。
    この研究の貢献は、性格特性と同じ人の色の好みとの関係をよりよく理解することにあります。 さらに、研究は、個人の色の好みに基づいて、人は彼らの性格特性を仮定することができることを示しています。

「色個性コンサルティング」まずは資料請求から

ご相談・お申し込み

「色個性コンサルティング」のご相談・お申し込みフォーム

ご相談・お申し込みは下記フォームからお気軽にご依頼ください。

お問合せ種別必須
ご相談 お申し込み ※どちらかを選んで下さい
解決(相談)したい課題必須
担当者様氏名必須
担当者様所属と役職必須
御社名必須
御社ご住所必須
電話番号(半角)必須
Mail(半角)必須
社員数必須
その他ご質問等
個人情報の取扱いについて必須
左記の個人情報の取扱いについて同意します。
きもの人個人情報保護方針

上記フォームから送信できない場合は、info@irokosei.com までメールをお送りください。

多言語翻訳 Translate ≫